甲状腺の病気    
 
 わたしたちの、のどぼとけの少し下に、ちょうちょに似た形をした甲状腺という器官があります。
ここは活動力を維持するのに必要な「甲状腺ホルモン」をいつも出しています。
甲状腺の病気はこのホルモンが出過ぎるか、足りなくなるか、あるいは甲状腺にこぶができるかのいずれかによっておこります。

1、甲状腺ホルモンが出過ぎると

 甲状腺ホルモンが出過ぎると、胸がドキドキしたり、暑がりで、汗かきになったり、食べても食べてもやせてきたりします。つまりいつもマラソンをしてエネルギーを消耗しているような状態になります。
手が震えてイライラしたり、眼光が鋭くなったり、下痢をすることもあります。
健診ではコレステロールが低いとか、ALPという酵素が高いとか指摘される事があるようです。

 甲状腺ホルモンが出過ぎる病気で最も多いのがバセドウ病です。
バセドウ病は二十〜四十歳代の女性に多く、甲状腺がはれてホルモンの産生にブレーキが効かなくなる病気です。
治療は脈をゆっくりにする薬や甲状腺ホルモンを抑える薬を飲むことで2〜3ヵ月で症状を取ることができます。
しかし、薬で治すには、平均4〜5年の服薬治療が必要です。
薬の副作用がある場合、甲状腺腫が非常に大きい場合などは、手術やアイソトープ治療という放射線治療も考慮します。

 バセドウ病以外では、亜急性甲状腺炎も甲状腺ホルモンが出過ぎる病気です。
病状はかぜをひいたあと二週間くらいで甲状腺がはれて痛くなり、熱や関節の痛みが現れます。
炎症によって体の中にホルモンが漏れ出すので、胸のドキドキや手の震えもでてくることもあります。
この病気は炎症を抑えるステロイド剤の服薬治療で完全に治ります。

2、甲状腺ホルモンが足りなくなると

 甲状腺ホルモンが足りなくなると、バセドウ病とは逆に脈がやや遅くなり、寒がりで汗をかきにくく、肌は荒れて乾燥します。
体毛、特にまゆ毛が薄くなり、顔はむくんで動作が鈍くなります。
ひどくなれば、しわがれ声で一回り老け込んだような感じになります。
検査ではコレステロールや、ZTTという酵素が高くなったりするため、健診で高脂血症や肝臓病と誤って指摘されることもあります。
ホルモンが足りなくなってくる原因で最も多いのは橋本病です。
これは90年以上前の大正5年に日本の橋本策博士が報告したもので、現在も世界中で日本語で呼ばれている病名です。
橋本病は、甲状腺が硬くはれ、初期の何年間かは無症状ですが、ゆっくりとホルモンの出方が少なくなってきます。
ただ甲状腺がはれているだけでホルモン正常の橋本病は四十歳以上の女性の10パーセントに見られますから、この場合は経過観察となります。
実際にホルモン値が低下した場合は、甲状腺ホルモンの飲み薬で治療をすれば完全に症状がとれます。
この薬は正しく服薬すれば副作用は全くありませんが、多くの場合は一生涯飲み続けることが必要になります。

3、甲状腺のこぶ(結節)

 甲状腺のこぶは、よく触れば百人中四人くらいに見られます。
多くは良性ですが、急に大きくなるものや、硬くてまわりにリンパ腺が腫れているものは要注意です。
診断は、まず良く触ってみてもらい、超音波検査を行います。
これで80パーセントは診断がつきますが、最後に細い針で細胞を取って、顕微鏡で見てみることが必要です。
いずれも入院せずに10分程度で終わる検査です。
たとえ悪性と診断されても本当にたちが悪いものは5パーセントで残りの95パーセントは進行が遅く、手術によりほとんどが治ります。

 甲状腺というと聞きなれない名前で、めずらしい病気のようですが、以前アメリカの大統領やその奥様がかかったり、実際はかなりの数の患者さんが隠れています。
特に三十歳以上の女性や、親せきに甲状腺の病気の人がいる場合は発病の割合が増します。
しかし、ほとんどは外来の簡単な検査と服薬治療で治るものですから、前述のような症状があった場合には、どうぞお気軽にご相談ください。


HOME